私が開院した理由

妻と

こんにちは、「からだ回復センター八幡西」 
院長の森本秀樹です。

私が、開院したいきさつをお話しします。

 

妻がいきなり激痛に見舞われました

坐骨神経痛

2009年秋、私の妻がある日突然、
仕事中に身体から「ビシッ」と異音が。

その日を境に痛みで夜は眠れず
歩く事もままならぬ状態になりました。

MR検査の結果、腰椎すべり症に坐骨神経痛と診断され、
通院をしましたが、痛み止とシップ薬、
電気治療では何の変化もありません。

その後も、鍼灸にマッサージと通いましたが一向に良い兆しがありません。

 

手術も考えました

手術と診断

途方に暮れている時に、
叔母の紹介で出会ったのが「リセット療法」。

半信半疑で施術を受けてみると、びっくり仰天。

あれだけ痛かったのに痛みが和らぐポイントが
あるではありませんか。

入院・手術を考えていた私達夫婦にとって、
「一筋の光明」とは、このことを言うのでしょうか? 

あとは、多少の一進一退があったものの、
日に日に回復していくばかり。
5ヶ月後元気に会社に復帰しています。

今は、週に一回の施術で元気に過ごしています。

 

第二の人生を選択をすることに

私自身もすべり症があり腰痛で苦しんでいましたが、
この療法を受けてみると信じられない位に回復し、
身をもってその効果を実感しました。

縁とは不思議なものでリセット療法の高い技術にすっかり
ほれ込んだ私は、リセット療法を学び残りの人生を

「妻と同じように不調に苦しんでいる方の手助けをしたい」
「身近な人の役に立ちたい」
「笑顔一杯の家庭を広めたい」

一念でサラリーマン生活に終止符を。

 

53歳からの挑戦

新しい仲間との出会い

2010年1月、日本回復整体総合学院に入校し、
半年間の勉強がスタートしました。

私は、開業までに

「重症の妻を完全によくしてから」
「開業までに1000人以上施術をする」

と2つの目標を立てました。

 

なかなかうまくいきません

腰痛の施術

妻は、工業用ミシンを扱っています、重労働です。
職場復帰したとは言え、まだまだ痛みはあります。
いつ再発してもおかしくありません。

勉強しながら

「○○先生とここが違うよ」

と妻のアドバイスをもらいながら朝晩と施術をします。
時には、うまくいかず腹も立てます。

途中

「くそ~、どうしてうまく出来ないんだ」
「何故、いっこうにゆがみが取れないんだ」
「最後の最後までこの痛みがとれないんだ」

と悩む日々、月日はどんどん過ぎ去って行きます。

本当に

妻はよくなるの? 
開業できるの?
転職は失敗?

と不安が頭をよぎります。

 

土壇場で間に合いました

修了証

6月卒業間近、ここでびっくり、あれだけ取れなかった、
左尻部とふくろはぎの痛みがなくなりはじめました。

後は、日に日に楽になっていきました。ギリギリセーフ。
良いにつけ、悪いにつけ昔から土壇場に強い本領発揮。

母をはじめ周りの皆様のご協力もあり、
ギリギリ1,000人ちょっとで、施術人数も達成!

 

これからの想い

姿勢教室

二つの目標をクリアした私は、残りの人生を、

「妻と同じように不調に苦しんでいる方の手助けをしたい」
「笑顔いっぱいの家庭をひろめたい」

一念を実践するために
八幡西区下上津役(しもこうじゃく)の地に2010年8月開院しました。

これからも生涯を通して、あなたと家族の健康と笑顔をサポートする
駆け込み寺であり続けるよう、精進をしていきます。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

このページの先頭へ