慢性胃炎

はじめに

整体

当院は開業以来5年、延べ約9000人の方の、
様々な症状の患者さんに施術を行ってきました。

私の経験した慢性胃炎について、
当院の考え方や施術方法をまとめました。

じっくり読んで参考になれば幸いです。

 

慢性胃炎って何なの・・・?

生理痛2

慢性胃炎は、胃の粘膜が次第に萎縮したものです。
ピロリ菌の感染だとする説が主流です。

私は食べ物とストレスが原因と考えています。

特に、「冷たいもの」「甘いもの」「脂っこいもの」
を食べると、胃に過度の負担がかかり凝ってしまいます。

つまり「冷たいもの・甘いもの・脂っこいもの」の
食べ過ぎが原因です。

 

慢性胃炎の症状

多くみられる症状として、上腹部不快感、膨満感、
食欲不振などの不定愁訴と呼ばれる症状です。

では、どうすれば良いの?

 

慢性胃炎の予防法

暴飲暴食

胃が凝らないようにすれば良いのです。

胃が硬く凝る原因として考えられることは、
やはり食事とストレスです。

甘いものに注意して下さい。
冷たいものや脂っこいものも要注意です。

たばこにコーヒー、アルコールも
控えた方が良いでしょう。

また、夜の食事を食べてから、
すぐ寝るのも胃に負担がかかります。

寝る3時間前には、食事を終えて、
胃をからっぽにしてリラックスして
寝てください。

又、入浴して体を温め血流を良くしましょう。

 

当院ではこのように考え施術します

慢性胃炎は、簡単に言うと「胃が凝っている」
ということです。

普通の整体やマッサージでは、
なかなか対応できません。

 

当院では、骨盤を整え背中の緊張を和らげ、
主である胃を中心に腸などを調整し、
自律神経を整え症状が改善するようにしています。

つまり、骨格と内臓調整を得意とする分野です。

病院やマッサージ、その他療法でも改善しない方は、
勇気を出して遠慮なくご相談ください。

 

患者様の声

当院での感想を紹介します。
参考になれば幸いです。

(胃がス~っとしました)

お腹がスッキリしなかったのが、
整体に行くと、スっとしました。

食事に気をつけたいと思います。

(20代・男性・UKさん)

※個人の感想です。
効果を保証するものではありません。

お気軽にお問合せください

電話でのご予約は

インターネットでのご予約は

このページの先頭へ