足底筋膜炎(足の裏が痛い)

はじめに

整体

当院は開業以来5年、延べ約9000人の方の、
様々な症状の患者さんに施術を行ってきました。

私の経験した足底筋膜炎について、
当院の考え方や施術方法をまとめました。

じっくり読んで参考になれば幸いです。

 

足底筋膜炎って

足底筋膜炎

多くはかかとの骨の前あたりに痛みが起こり、
主に40~50歳代以上の方が多くみられたのですが、

最近では、若い世代でもスポーツ選手や
立ち仕事や営業で歩き回っている人で
足の裏が痛いと言う方が増えています。

1)朝起きての数歩がとても痛いが、
  そのうち軽くなってしまう
2)長い間座り急に歩き出すと痛む、
3)かかとの骨の前方内側を押すととても
  痛いところがある、

などが足底筋膜炎の特徴です。

 

起床時や歩き始めに激痛が走る

1)痛み止めや湿布で冷やしたりしているが効果がない。

2)インソールやオーダーメイドの靴を試したがやっぱり痛い。

3)電気治療や足裏マッサージを受けているが症状が
  変わらないどころか最近痛みが強くなってきた。

4)痛みが1年以上続いて手術を勧められているがしたくない。

そんな患者さんたちが当院に来院されています。

 

当院ではこのように考え施術をします

股関節施術

足底筋膜炎の原因は、疲労の蓄積により
「足の裏の筋肉が硬くなってしまった」からです。

硬くなった筋肉を湿布で冷やすと、
ますます硬くなり悪化していきます。

当院では、骨盤を整え股関節やひざ関節を調整し、
主訴の、踵骨(カカトの骨)と距骨や、
関連のある筋肉のコリ(張り)を見つけ調整し、
硬くなった筋肉を柔らかくして改善して行きます。

 

患者様の声

当院での感想です。
参考になれば幸いです。

(普通に歩けた)

看護師の仕事をしているので
一日中、立ちっぱなしです。
半年前から、歩くと足の裏が痛くなり
辛くて辛くて。
3回目が終わった頃から、歩いたり体重をかけても
痛みがなくなりました。
今は、普通に歩けるって幸せです。
半信半疑でしたが、行って良かったです。

(50代・看護師・UT)

※個人の感想です。
効果を保証するものではありません。

 

お気軽にお問合せください

電話でのご予約は

インターネットでのご予約は

このページの先頭へ