夏バテ

はじめに

整体

当院は開業以来5年、延べ約9000人の方の、
様々な症状の患者さんに施術を行ってきました。

私の経験した夏バテについて、
当院の考え方や施術方法をまとめました。

じっくり読んで参考になれば幸いです

 

夏バテの原因?

冷え症

ジメッとした日本の夏。この湿度の高い暑さは、
とても不快で体調を崩しがちです。

暑いから飲み過ぎて食欲不振になったり、
寝苦しくて睡眠不足になったり、
エアコンが効きすぎて風邪を引いて
体調を崩したりします。

 

夏バテの三大要素とは?

ウォーキング

1)脱水症状
 体内の水分・ミネラル不足

2)栄養不足
暑さによる食欲の低下

3)自律神経失調症
暑さとエアコンによる冷えの繰り返し

自律神経は、全身の機能を調整します。
夏バテになると、心身ともに疲弊して
不調に陥ります。

 

その他の夏バテ解消法

1)食事
 朝食を抜かず、一定時間内に3食きちんと摂る。
 水分補給を忘れない。

2)睡眠
 夜更かしせずに、たっぷりと睡眠時間をとって、
 疲れを翌日に持ち越さない。

3)運動
 適度な運動は生活にリズムをつけ、自律神経の働きを整えます。
 朝晩と日差しが弱く涼しい時間帯にウォーキングなど軽い運動を
 しましょう。

4)入浴
 ぬるめのお湯にゆっくり入ることは、自律神経の働きを整えて
 心身ともにリラックスさせる効果があります。
 シャワーだけでなく湯船につかりましょう。

5)エアコンの上手な使い方
 外気温との差を5~6℃にする。
 寝る時はタイマーを忘れない。
 首や腰など局部を冷やさない。

 

夏バテの症状

全身疲労

・全身の疲労感
・イライラする
・むくみ
・体がだるい 熱っぽい
・食欲不振
・無気力になる
・立ちくらみ
・下痢・便秘

などの症状が、特に8月末から
出始めます。

「身体がおかしい?」と思ったら
ご相談下さい。

 

当院ではこんな施術を行います

食欲不振や身体の冷え、睡眠不足により。
自律神経の働きや内臓機能の低下がみられます。

 

全身の緊張を和らげ、胃腸など内臓を調整し
血行が良くなる事で、自律神経の働きが向上して
健康回復につながっていきます。

 

患者様の声

当院での感想です。
参考になれば幸いです。

盆明けから食欲がなくなり、全身が怠くて
胃の調子も悪くて、疲れているのに眠れません
でした。

首から肩も痛くなってきたので行きました。

初回でぐっすり眠れ、3回目で胃の調子も
良くなり食欲も出てきました。

もう少し、続けてみます。
 
 (40代・男性・公務員・KTさん)

※個人の感想です。
効果を保証するものではありません。

 

お気軽にお問合せください

電話でのご予約は

インターネットでのご予約は

このページの先頭へ