パニック障害

はじめに

整体

当院は開業以来5年、延べ約9000人の方の、
様々な症状の患者さんに施術を行ってきました。

私の経験したパニック障害について、
当院の考え方や施術方法をまとめました。

じっくり読んで参考になれば幸いです

 

パニック障害は気のせいではありません

パニック障害不安

パニック障害の原因は完全には解明されていませんが、
最近では「脳内不安神経機構の異常ではないか」
と考えられています。

パニック障害は、突然起こる激しい動悸や発汗、
頻脈(ひんみゃく:脈拍が異常に多い状態)、
ふるえ、息苦しさ、胸部の不快感、
めまいといった体の異常と共に、
このままでは死んでしまうというような
強い不安感に襲われる病気です。

血液検査や心電図検査をしても異常はみられず、
時には気のせいなどと言われることもあります。

 

パニック障害の主な症状

パニック障害

パニック障害の特徴は、
検査をしても身体的な異常は見当らないのに、
パニック発作を繰り返すことです。

・パニック発作
突然の動悸や呼吸困難、発汗、めまいなどの
身体症状とともに強い不安や恐怖感を伴う。

・予期不安
また発作を起こしたらどうしようという、
パニック発作に対する強い恐怖感や不安感が
生まれるようになります。

・広場恐怖
発作を他人や大勢の人に見られることの
恥ずかしさといった不安や恐怖を生み、
大勢の人が集まる場所や、過去に発作を起こした場所を
避ける行動をとるようになります。

この3つの症状は、悪循環となって
パニック障害をさらに悪化させます。

パニック障害が悪化すると、
人前に出るのを嫌って閉じこもるようになり、
正常な社会生活が維持できなくなります。

さらに悪化すると、うつ病を併発することもあります。

 

13の簡単な質問

該当する項目に○を付けましょう。

 

● 心臓がドキドキしたり、脈拍が増加する
● 手の平や、全身に汗をかく
● 体や、手足がふるえる
● 息切れ感や、息苦しさを感じる
● 窒息感、または喉(のど)が詰まった感じがする
● 胸の痛みや圧迫感、不快感がある
● 吐気や腹部の不快感がある
● めまい、ふらつき、または気が遠くなるような感じがする
● 現実感が失われ、自分が自分ではない感覚が起こる
● 自分をコントロールできなくなる恐怖や、気が狂う恐怖に襲われる
● このままでは死んでしまうという恐怖を感じる
● 体の一部にしびれ感や、うずきを感じる
● 冷たい感じや、ほてった感覚がある

○が4つ以上あるとパニック障害の恐れが
あると言われています。
一度、内科や心療内科・精神科での受診をお奨めします。

 

当院ではこんな施術を行います

首の施術

パニック障害でいきなり整体には
行かないでしょう。

必ず病院へ行き治療を受けると思います。

パニック障害の場合、不安から動悸など息苦しもあり
常に交感神経が働き全身が緊張した状態に
なって更に睡眠不足も重なり全身が疲れきっています。

 

内臓調整に頭蓋骨調整にゆがんでいる骨格を整え、
極度の緊張を緩和し、血行よ良くする事で、
自分で自分を治す「自然治癒力」を高めていきます。

病院に通いながら整体を受ける方も多いです。

患者様の声

パニック障害の患者さんの感想です。
参考になれば幸いです。

初出産後、半年位して急に動悸や息苦しくなり
夜中は、夫が横にいないと不安で眠れません。

パニック障害と診断され、薬を飲むと少し調子が
良くなりますが長続きしません。

子供の顔を見ると不安で涙が止まりませんでした。

親に勧められて整体に行くと、身体が楽になり、
呼吸も楽になり動悸が治まってきました。

2回目くらいから、身体がリラックスするせいか
整体中に眠る事も。

まだ薬は飲んでいますが、子育てに少し自信が
出てきました。

(30代・主婦・MYさん)

 

お気軽にお問合せください

電話でのご予約は

インターネットでのご予約は

このページの先頭へ