頚椎椎間板ヘルニア

首痛

はじめに

当院は開業以来5年、延べ約9000人の方の、
様々な症状の患者さんに施術を行ってきました。

私の経験した頚椎ヘルニアについて、
当院の考え方や施術方法をまとめました。

じっくり読んで参考になれば幸いです。

 

どんな症状があるの

頚椎ヘルニアの原因

首や肩、上腕から肘や指先にかけて
痛みやしびれが出ます。

指先に力が入らずに箸が握りにくくなったり
ボタンがかけずらくなったり、
握力低下が起こります。

 

頚椎ヘルニアの原因って

頚椎ヘルニア

背骨をつなぐクッションの役割をしている
椎間板が主に加齢変化により
後方に飛び出すことによって起こります。

30~50代に多く、しばしば誘因なく発症します。

・下を向くことが多い
・手枕でテレビをみる。
・高枕の姿勢が多い
・うつ伏せで両肘を立てて読書をする。
・スノボーなどで首を痛めた

など、悪い姿勢での仕事やスポーツなどが
原因になることもあります。

 

当院ではこんな施術を行います

原因によって治療も様々ですが、
強く揉んだり、叩いたり、押したりして
症状を悪化させることもあります。

 

首周辺の筋肉がガチガチになっているので、
肩甲骨から肋骨1番から7番、前斜角筋や
中斜角筋に後頭骨を調整し、ゆがみの強い
頚椎を調整して回復を目指します。

 

患者様の声

頚椎ヘルニアの感想です。
参考になれば幸いです。

(夜中に目が覚めていたのに)
首から肩甲骨の上が焼けるように痛く、
夜中に目も覚めたりしていました。

整体を何回か受けるうちに、眠れるようになり
痛みもやわらいで、今では気にならなくなりました。

(40代・男性・設計・SKさん)

※個人の感想です。
効果を保証するものではありません。

お気軽にお問合せ下さい

電話でのご予約は

インターネットでのご予約は

このページの先頭へ