目の疲れ(眼精疲労)

目の疲れ

はじめに

当院は開業以来、延べ約10000人の方の、
様々な症状の患者さんに施術を行ってきました。

私の経験した目の疲れについて、
当院の考え方や施術方法をまとめました。

じっくり読んで参考にして頂けると幸いです。

 

眼精疲労とはどんな症状

目がショボショボ

目の疲れが取れず、目がかすんだり
痛みがしたり頭痛もします。

主な症状として、目が重い、ショボショボする、
目が痛い充血する、目がかすむ、などです。

全身症状として、頭痛、肩こり、胃痛、食欲不振、
全身倦怠感、吐き気、イライラ、不安感などがあります。

 

眼精疲労の原因

次のような事が主な原因として考えられます。

①目の使い過ぎ

パソコン、テレビ、読書など長時間
同一姿勢で一点を集中して見る。

②目の調整機能の低下

老眼、遠視、斜視など目の機能が低下して
起こる。

③精神的なもの

慢性疲労、ストレス、睡眠不足、過労など。

④眼科疾患

ドライアイ、白内障、網膜症など。

 

眼精疲労の予防法

予防法として

 

① 読み書きは、30㎝位距離を開ける。

② パソコンは、40~70cm距離を開ける。

③ 部屋の明るさに注意する。

④ 直射日光の下で読み書きしない。

⑤ 時々目を休め、1時間以上続けない。

⑥ 遠くを見たり、目を回す運動をする。

⑦ 目の回りやこめかみを軽くマッサージする。

 

当院の考え方

普通、眼精疲労のみの場合、眼科の診療を受けます。
最初から整体やマッサージに行く人は、少ないでしょう。

しかし眼精疲労は、目や首のの筋肉のコリ、
頭蓋骨のゆがみが原因と考え、目及び周辺を調整します。

 

当院でこんな施術を行います

眼精疲労の方は、首・肩・顔面・頭部の筋肉のコリ、ゆがみが
見られます。これらの筋肉を調整し、
更に頭蓋骨の調整を行い、症状を回復させます。

 

患者様の声

感想を紹介します。
参考になれば幸いです。

整体を受けたら、目の前が明るくなり
夜の運転も、はっきりと見え楽にできました。

(50代・女性・デスクワーク)

 

電話でのご予約は

インターネットでのご予約は

このページの先頭へ