脊柱管狭窄症

はじめに

整体

当院は開業以来5年、延べ約9000人の方の、
様々な症状の患者さんに施術を行ってきました。

私の経験した脊柱管狭窄症について、
当院の考え方や施術方法をまとめました。

じっくり読んで参考になれば幸いです

脊柱管狭窄症の原因って

 

狭窄症

椎間板ヘルニアや変性すべり症、加齢にともなう椎間板や
椎体に椎間関節や椎弓の変性によるものが挙げられます。

そのため、腰部、頚部(首)や背骨などにもみられ、
一番負担のかかる腰部に多く見られ ます。

手術しかないのかな

 

脊柱管狭窄症での悩みは人それぞれですが、

 

・手術を勧められたが休めないし、手術はしたくない。

・病院でブロック注射や鎮痛剤を服用し最初は良かったが
その後、一向に改善が見られない。

・牽引治療などのリハビリを受けているがなかなか改善しない。

・少し歩くと腰が痛い、休むと楽になるを繰り返す。
 
・腰からお尻が痛くて眠れない。

・太ももからすねや足先にしびれや突っ張り感がして辛い

・ひざに違和感があり正座が出来なくなった。

・足腰に力が入らない

・手術後調子が良かったが、またしびれが出てきた、が、
MR検査で異常なしと言われた。

などの症状でお困りの方が沢山来院されます。

当院では、原因を追究し根本改善を目指して
取り組んでいきます。

医療機関でよくならない症状が「整体なんかで」と
思うでしょうがまずは、ご相談からされてみてください。

 

当院ではこんな考え方で施術をします

腰痛の施術

椎間板ヘルニア・脊柱管狭窄症・坐骨神経痛
の原因は人それぞれですが、

しっかりとあなたの体の状態を確認させていただき、
ゆがみの大きい骨盤周辺の腰仙関節、仙腸関節、股関節、腰椎を調整し、
周辺の筋肉の張りを和らげ、神経の圧迫を軽減しながら、
正常な状態に戻していく施術を提供します。

医療機関で椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症と
診断されても、必ずしもそれだけが原因ではない
という事例が多々あります。

椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症の手術を受ける前に・・・
ぜひ、ご相談ください。

 

患者様の声

当院での感想を紹介します。
参考になれば幸いです。

(京都旅行に行けた)

日に日に、歩くと腰が痛くなり、両脚にしびれも
ありました。

友人の紹介で、思い切って通ってみました。
最初の2回位は、全く変化がなく不安でしたが、
とにかく5回は通ってみようと思い継続しました。

3回目位から、あれだけ辛かったしびれが右脚から
徐々になくなり、その後左脚も楽になってきました。

途中、良くなったり悪くなったりを繰り返しましたが
今はすっかり治ったみたいです。

今は、月に一回の割合で通院しています。

通って一年が経過し、妻と京都旅行に行ってきました。

一年前には、考えられなかった事です。

痛みのない身体に感謝しています。

(60代・男性・TMさん)

※個人の感想です。
効果を保証するものではありません。

 

お気軽にお問合せください

電話でのご予約は

インターネットでのご予約は

このページの先頭へ