坐骨神経痛で歩くと腰までビリビリします

腰痛

アクセスをありがとうございます。

 70代・女性・主婦の方の坐骨神経痛の
症例を紹介します。

 

症状

仙骨  

半年前より左腰が痛くなり、今は、左のお尻(坐骨)
から太ももの外側が辛く、歩くと足から腰まで
ビリビリし台所仕事が日に日に辛い。

 レントゲンで骨に異常なしと言われ、痛み止めを
貰う、最初は効いたが今は、あまり効かない。

 

施術と経過

腰痛の施術  

検査をすると、仙骨が左側に倒れ右骨盤が
下方に沈んで、腰椎も左側に強い張りがあります。

 施術は、腸骨(骨盤)・仙骨・腰椎(腰の骨)
股関節及び周辺の張りの強い筋肉を調整しました。

 初回後は、姿勢が前傾で背中が丸くなっていましたが、
背筋が伸びて太ももの痛みは感じないまでに回復。

2~4回と3~5日間隔で施術を繰り返す。

 段々と痛みやビリビリ感が和らぎ、
全く違和感を感じない時間帯や日にちも
出てきて、台所仕事も苦にならなくなって
きました。

 股関節と仙骨にゆがみが残って
いますので、もう少し頑張りましょうね。

 

考察

 

お話を聞くと、2年前から歩くと腰が痛くなったり
してたそうですが、「これくらい大丈夫」
「筋肉を附けないと」と思い痛いのを我慢してムリを
していたそうです。

 ムリの積み重ねが限界に達し、坐骨周辺の
神経が圧迫され症状が出たものと推測します。

 ストレッチ体操やウォーキングは、
きつくなったら休んだり、痛くない範囲で
行いましょうね。

 

お気軽にご相談をください

 

もしあなたが、坐骨神経痛や手や足の
しびれでお悩みでしたら、当院へお問合せ
ください。

コメントを残す

このページの先頭へ