股関節痛の原因は恥骨筋でした

股関節痛

アクセスをありがとうございます。

 30代・男性・製造業の方の股関節痛の
症例を紹介します。

症状

 

首痛で月に1度メンテナンスにおみえの方で
3週間前くらいから、胡坐をかくと左太ももの内側
に痛みが出る、が、日常生活に困る事はない。

 特別に運動をしたとか、重い物持ったとか
そういった行為はしてなく心当たりがない。

施術と経過

恥骨筋  

検査をすると、仰向けで左ひざを立て外側に
倒していくと45度くらいから痛みが出ます。

 施術は、いつも通りに骨盤を整えて股関節を
調整し、梨状筋や各内転筋、薄筋を調整する。

 同じように左ひざを立て外側に倒していくと
60度位から痛みが出ます。

 更に、各筋肉を調整しても変化がありません、
痛いところは、恥骨なので恥骨筋をみてみると
硬くなっているので調整していくと、左ひざを
外側に倒しても痛くないまでに回復してきました。

考察

 

今回のケースは初めてで、考えられる事を整理して、
施術し結果を確認していく、ダメなら違う所を施術
して行く、先入観の怖さと基本の大切さと再発見しました。

お気軽にご相談をください

 

もしあなたが、股関節痛や膝痛でお悩みでしたら
当院へお問合せください。

いつでもどうぞ、お待ちしています。

電話でのご予約は

インターネットでのご予約は

コメントを残す

このページの先頭へ