靴下を履こうとしたらぎっくり腰になりました

ぎっくり腰

アクセスをありがとうございます。

 60代・男性のぎっくり腰の症例を
紹介します。

症状

腰痛後ろ  

2日前に立ったまま靴下を履こうとして
脚を曲げ腰を曲げた瞬間に腰全体に激痛が走る。

その後は、動作をする度に痛くなる。
特に、寝返りや起床時が辛い。

 仰向けになると、直ぐに痛くなるので
左腰を下にした方が楽。

 年に1から2回同様な事が起こるが
今回は今までの中で一番ひどい。

 

施術と経過

仙腸関節  

検査をすると、右腰から腰椎3~5番にかけて
筋肉の強い張りがあります。

 寝返りも右から左にうつ伏せになろうとすると
痛みが強く出て出来ません。

 施術は、仙腸関節に原因があると考え
仙腸関節・股関節・腰椎3から5番・腰仙関節
をメインに調整を行う。

 途中、仰向けで施術を行いますが、仰向けに
なった途端、「腰が伸びてる、痛くない」との声。

 更に、右仙腸関節を調整すると痛みはあるが
腰全体が軽くなり曲がっていた腰がピ~ン
と立つまで回復する。

1日空けて2回目の施術を行う

前回同様に施術を行う、骨盤周辺の筋肉の張りが
ずい分と和らいでいます、更に、仙腸関節を調整すると
痛みがほぼ無くなるまで回復しました。

 試に靴下を履く動作をしてもらうと、
普通にできます、が、腰に芯にかすかに
痛みがあるそうです。

 まだまだ骨盤は、歪んでいますので、動作の始めや
車の運転中の姿勢には十分に注意してくださいね。

 

考察

 

ここ数年、年に1から2回程度ぎっくり腰に
なっており、頻繁に腰に違和感を感じるそうです。
クセになって慢性の腰痛になっていると考えます。

 脚を組むクセがあるので止めて、
予防のストレッチ体操を行って行きましょう。

 

お気軽にご相談をください

 

もしあなたが、慢性の腰痛やぎっくり腰で
お悩みでしたら、当院へお問合せください。

電話でのご予約は

インターネットでのご予約は

コメントを残す

このページの先頭へ