筋膜リリースで膝裏が伸びました

アクセスをありがとうございます。

 50代・男性・建設業の方の膝痛」の症例を
紹介します。

 

症状

大腿四頭筋1  

半年前から左ひざ内側に違和感が出始め、
膝を曲げ伸ばしすると痛みが徐々に強くなり
最近は、少し歩くと痛くなり膝の裏が痛く
歩くのが怖い。

階段の上り下りは片足づつ、正座も出来ない。

 レントゲンは異常なしと言われたが、
水を2回抜いた、一時は楽だがすぐに
元に戻るので、もう水を抜きたくない

 

施術と経過

股関節施術  

検査をすると、左股関節から膝が外側に
開いています。(O脚)

 左膝全体が右膝と比べて腫れており、
膝裏周辺の筋肉に強い張りがあり
ある一定の高さから、膝を伸ばそうと
してもロックがかかり痛みが出ます。

 ここで、膝裏の痛みは膝裏の筋肉の張りが、
膝の内側の痛みは膝が外側に向いてるのが
原因と考え施術を行う。

 今回は、骨盤から股関節にもゆがみが強かったので、
骨盤及び股関節から膝にくっついている筋肉を
筋膜リリースと言う手法を使ってみる。

 筋膜リリースは、筋肉の起始(始まり)と停止(終わり)
の硬くなっているところを柔らかくして、筋肉同士の
動きをよくして痛みを和らげて行きます。

 筋肉が柔らかくなったところで、施術をすると
より速くより効果がアップするものと考えています。

 早速、大腿四頭筋や二頭筋、ふくろはぎの
筋肉をリリースし、骨盤・股関節・膝関節を
調整して、膝の曲げ伸ばしをしてもらうと
「え、膝の裏が伸びた」との声が。

 まだまだ、膝の裏、膝の内側の痛みはあるものの
ずい分と楽になりました。

 2~4回、日に日に可動域も広がり、歩く距離が増え
階段の上り下りも出来るまで回復してきました。

 施術間隔も2週間置きに、更に4週間置きにと広げても
膝の痛みは殆どなくなったので計6回施術終了をします。

 本人のご希望もあり、一ヶ月に一回身体のお手入れに
おみえにです。

 

考察

 

建設業と言う仕事柄、重い物を持ったり足場の悪い中を
ムリな体勢でしたり、椅子に座ると脚を組んだりなどなどの
長年の繰り返しで骨盤から股関節・膝・足首に負担がかかり
限界に達しったものと推測します。

日頃の姿勢には、十分に注意しましょう。

痛くなってからでは、遅いですよ。

 

お気軽にご相談をください

 もしあなたが、股関節や膝の痛みでお悩みでしたら
おひとりでお悩みにならないで、当院へお問合せください。

 

電話でのご予約は

インターネットでのご予約は

コメントを残す

このページの先頭へ