歩くと痛い股関節痛が楽になりました

アクセスをありがとうございます。

患者さん

40代・男性・建設業 Oさんの股関節痛の
症例を紹介します。

 

症状

3ヶ月前より、腰全体に違和感を感じはじめ
ここ1か月は、歩いたりしゃがんだりすると
左太ももつけ根に痛みが出て辛い。

また、背中にも張りを感じて仰向けで
寝ると辛くなり横向きで寝てしまう。

日に日に、悪くなるのがわかる。

今までは、保険のきくところに通っていた。

 

施術内容

背骨を診ると、胸椎11番から腰椎5番にかけて
強い張りがあり、仙骨が左側に倒れています。

左ひざを立てお腹側に軽く押すと、左腰と太ももつけ根に
痛みが出て、左ひざを内側に倒すとすぐにつけ根に
痛みが走ります。
 左膝を外側に倒すと異常はありません。

股関節が外側に向いています。

股関節08

施術は、仙骨・仙腸関節・股関節をメインに
調整し、股関節周辺や腰椎周辺の筋肉の張りを
とっていく考え方で行う。

初回から、股関節の可動域が増え楽になる。

2回目から3回目、日に日に歩く距離も増え、
しゃがんでも痛みを感じなくなる。

3回目来院時、歩いてもしゃがんでも違和感が
なくなり、背中も楽に
なり、本人が「また痛くなったら
来ます」との希望があったので施術終了とします。

 

考察

仕事で色んな姿勢で溶接をすることが多く、
いつの間にか骨盤がゆがみ、股関節や背中に
痛みが出たものと思います。

溶接や電気工事を仕事にされてる方に
多くみられる症状です。

あれ?おかしい、これってヤバい」と
思ったら、専門のところに行きましょう。

早め早めの行動が早期回復につながります。

 

お気軽にご相談ください

電話でのご予約は

インターネットでのご予約は

コメントを残す

このページの先頭へ