「股関節痛」の症例を紹介します

股関節痛

当院での「股関節痛」の症例を紹介します。
参考にしていただけると幸いです。

※当院での症例です。
効果を保証するものではありません。

 

症例1

股関節から足首まで歩くとつらい

 

患者

66才・女性・パート事務 八幡西区幸神方面在住

 

来院

2012年5月

 

症状

半年前から右腰に痛みを感じはじめ
他治療院に通うも痛みが強くなる。

最近は、歩くと太ももつけ根から大転子に痛みが出て
足首までジンジンする。

肩こりもあり時々頭痛がする。

 

施術内容と経過

骨盤にゆがみがあり、梨状筋や中臀筋に
大腿四頭筋、ハムストリングスに強い張りがあります。

施術は、骨盤周辺の筋肉の張りを調整し、
腰椎3から5番、肩甲骨を調整。

股関節1

3日間隔で連続4回施術を行う。
 
2回目施術後から、太ももの痛みがなくなり
足首のしびれが気になるまでに回復してくる。

7日間隔で連続3回施術を行う。

途中、お尻から太ももが痛くなったり、
痛む場所に変化があったが、痛み自体は
軽くなる。

今は、歩いても右脚にしびれを感じなくなり
痛みもなくなる。

ご主人の手術などで、一時これなくなるので
これで施術終了とする。

 

調整した主な関節・骨格

股関節・梨状筋・ハムストリングス

 

同時に回復した症状

肩こり・頭痛

 

考察

はじめての来院時は、右脚を引きずるように
歩いていましたが、施術回数を重ねるたびに
「楽に歩ける」と喜ばれていたのが印象的でした。

色んなところで、加齢とか筋力が無いからなど
言われていましたが、長年、椅子に座ると
すぐに脚を組んでいましたので、姿勢の悪さから
骨盤がゆがみ、股関節や膝関節がゆがんだ事も
原因のひとつと考えます。

ストレッチ体操をまめに行い、再発防止に
努めましょう。

 

電話でのご予約は

インターネットでのご予約は

コメントを残す

このページの先頭へ