膝痛の症例です

膝痛

整体

初めまして、院長の森本秀樹と申します。

当院ホームページをご覧いただき
ありがとうございます。

あなたは、「膝痛」でお悩みの事と思います。
病院や他マッサージ・整体院に行きたいが
どこにいけば良いのかわからない。

そんな皆様の参考になればと思い、
当院での症例の一部を紹介させて
いただきます。

回復へ、踏み出す第一歩になれば幸いです。

※当院での症例であり、
効果を保証するものではありません。

症例3

こけてから膝が痛いんです

患者

70代・女性・病院関係者 八幡西区北筑在住

来院

2011年5月

症状

2週間前に犬の散歩中に溝に脚をとられこける。
その後、歩くと膝全体に痛みがあり、ジクジクした感じがある。

ご自身の関連の病院で手当てを受け、
レントゲンでは異常なく、最初は膝全体が腫れて
いたが、水は溜まっていない。

施術内容と経過

骨盤から股関節、膝関節・足首を中心に
施術を行う。

膝痛3

合計8回施術を行う。

3日置きに3回行う。
左ひざの腫れが取れて、歩く時の痛みも
かなり低減する。

5~7日置きに3回行う。
階段の上り下りも支障がなくなったが
思いきり体重をかけると痛みがでる。

頚骨と腓骨を調整すると痛みが無くなるので
調整し様子をみる。

7日から14日 2回行う。
歩いてもヨガ体操をしても痛みが
なくなったので施術完了とします。

調整した主な関節・骨格

股関節・ハムストリングス・ひざ関節・足首

同時に回復した症状

肩こり

考察

こけた際に強い衝撃を膝に受けた事ににより
大腿骨と腓骨・頚骨がゆがみ、周辺の筋肉及び
関節が動作時に引っ張られ痛みの原因になって
いたと考えます。

最後に少し残った違和感を、脛腓関節を調整することで
回復できて良かったです。

ひざ痛症例1

患者様

80代・女性・主婦 八幡西区在住

来院日

2011年10月

症状

特に、1年前より両ひざが痛くなり、特に左ひざが辛く、
痛みで夜中に目が覚めることもある。

左ひざの曲げ伸ばしが出来ない、階段の上り下りが
出来ないので一階の部屋で生活をしている。

施術内容と経過

検査をすると骨盤の右側が下がり前方に歪んでおり、
左臀部から太ももにかけての筋肉が強張っています。

ひざ症例1

施術は、骨盤を整え、臀部から太もも全体の筋肉の張りを
調整し、更に、股関節、膝関節を調整する。

一週間で3回施術を行う、2回目が終わった頃から
夜中の痛みはなくなり、5回目が終わった頃から
仰向けでの膝の曲げ伸ばしをしても痛みがないまで回復。

10回を終わった所で旅行に行かれ、「どうにか歩けました」
とのこと。
年明けて3週間置きに4回こられて完了しました。

調整した主な関節・骨格

腰椎3・5番・仙腸関節・股関節・ひざ関節

同時に回復した症状

腰痛

考察

長年、左ひざが悪く、病院では膝関節症と診断されていました。
左ひざをかばっている内に右ひざに負担がかかり痛みが出たものと
考えます。

ひざが痛いからと言って、膝にだけ原因がある訳ではなく、
股関節や足首など隣にある部分にも問題がある場合があります。

日常生活に支障がないまでに回復して良かったです。

コメントを残す

このページの先頭へ