肩こりの症例です

アクセスをありがとうございます。

当院での、肩こり・頭痛の症例を紹介します。

ほんの一部になりますが、参考になれば幸いです。

 

症例4

肩こりがひどくて歯も痛いんです

 

患者

30代・女性・プログラマー 八幡西区永犬丸在住

 

来院

2016年10月

 

症状

昔から肩こりが激しく、疲れが溜まってくると

両首も痛くなり、左の奥歯が痛くなります。

ここ3ケ月は、側頭部にも痛みがあります。

腰全体も重く全身、スッキリしません。

施術内容と経過

後頭骨から肩甲骨周辺に強い張りがあります。

首は、前に倒れストレートネック気味になって

います。

肩こり4

施術は、後傾している骨盤を整え、

後頭骨から肩甲骨周辺の筋肉の張りを

調整しました。

最初は3日置きに2回目から4回目は7日置きに

5・6回目は2週間置きに合計6回行う。

初回後、両首・肩こり・歯の痛みは少し楽になり、

側頭部の頭痛は、半減する。

2から3回目は、両首痛から肩こりはずいぶん楽に、

奥歯の痛みは無くなり、側頭部の頭痛は昨日より

少し出てくる。

4回目以降、日に日に身体全体が楽になり

気持ちも落ち着いてきた。

その後、たまに肩こりを感じるものの

殆ど気にならなくなったので、施術完了とする。

「二度とあんな辛い思いをしたくない」との事で

月に一回定期的に身体のお手入れにおみえです。

 

調整した主な関節・骨格

後頭骨・蝶形骨・肩甲骨・斜角筋・腰椎(腰の骨)

 

同時に回復した症状


生理痛・歯の痛み

 

考察

仕事が多忙で2ヶ月くらい休みが少ない環境で、
睡眠不足、ストレスが肩こり・歯の痛み・頭痛の
原因だったと考えます。

骨盤も後ろに倒れ、身体全体がねじれていました。

全身が整っていき、強張った筋肉の張りが取れて行き
血流が良くなる事で回復していきました。

疲労にストレスは、大敵ですが生活をしていると
必ずついて来ます、うまく付き合って行きましょう。

 

症例3

頭痛もありひじも痛いんです

 

患者

40代・女性・介護士 門司区在住

 

来院

2016年3月

 

症状

両首から肩甲骨にかけて、コリを通り越して
痛みがひどく、頭痛があり痛み止めを飲んでも
効かない。

仕事柄、人を抱えるせいか両肘が常に痛く
特に伸ばすとつらい。

 

施術内容と経過

当院は、基本的に骨盤を整え主訴の場所を
施術して行きます。

骨盤のゆがみを整え、後頭蓋骨から斜角筋、
肩甲骨・肋骨を調整する。

肘は、尺骨側のゆがみを調整する。

肩こり3

合計4回施術をする。

初回終了後、肩・背中・ひじが軽くなり
朝からの頭痛もいまは無くなるまでに回復する。

3日後、2回目を行う。
肩やひじの痛みは昨日から戻りはじめたが
頭痛はなかった。
肘も前みたいに痛くはない。

5日後、3回目を行う。
肩甲骨と肋骨の可動域が増え、張りが
小さくなってきた。

ひじも左側は痛みがなくなった。

7日後、4回目を行う。
骨盤内の仙骨のゆがみがだいぶん改善されてきた。

肩こりはあるものの、以前より数段楽。
右肘もたまに気になる程度になる。

一時様子を見たいとの本人の希望があり
施術完了とする。

 

調整した主な関節・骨格

後頭骨・肩甲骨・斜角筋・尺骨

 

同時に回復した症状

便秘

 

考察

肩こりの激しい人は、猫背気味の姿勢になっているので
鳩尾周辺が圧迫され内臓も緊張した状態になっています。

今回の場合、緊張している内臓を調整し自律神経を
安定させ血流をアップしながら施術をおこなって
行ったのので、早期回復に繋がったと考えます。

 

症例2

頭痛も激しいんです

患者

40代・女性・看護師 八幡西区上の原在住

来院

2013年2月

症状

肩こりがひどく、最近は頭痛もある。
痛み止めも効かなくなってきた。

ここ十年来、良い悪いを繰り返し、
マッサージに行ってもその日しか
良くはない、根本的に身体を見直したい。

施術内容と経過

首から肩甲骨周辺の筋肉に強い張りが
あります。 骨盤も右側が前方にゆがんで
います。

姿勢は、やや猫背でみぞおちを圧迫しており
便秘の原因のひとつと判断。

頭痛・めまい

施術は、合計6回。その後、一ヶ月に一回
定期的にお見えになる。

最初は、3日置きに2回施術をする。
骨盤を整え、背中の緊張をやわらげ、
更に、肩甲骨・肋骨を調整し、後頭骨を調整。

初回終了後、確認をすると「頭痛がない??」
までに回復。

2回目、この3日間頭痛はなく薬も飲んでない、
肩こりは昨夜から感じはじめる。

その後、5日から14日置きに3回行う。
頭痛は全くなくなる、肩こりは少しづつ長く
持つようになってきた。

3週間後にチェック。 その後整体を受けると
身体全体の調子が良いとの事で月に一回来院する

調整した主な関節・骨格

肩甲骨・仙腸関節・斜角筋

同時に回復した症状

便秘・頭痛

考察

看護師さんは、夜勤がありPC作業も増え
身体全体が「うつむき」になっています。

すると、首全体の筋肉に負担がかかり
血流不足になり、痛みやコリの原因の
ひとつになっていきます。

仕事の合間合間に肩甲骨を動かし血流を
良くしてくださいね。

症例1

患者

30代・女性・事務職 遠賀郡水巻町

症状と経緯

ストレートネック

高校生の頃から周りから姿勢が悪いと
言われている。
自分でも、猫背は自覚しているので
姿勢も良くしたい。

肩こりが激しく頭痛もする、酷い時は
市販の痛み止めを月の半分くらい服用する。

ここ2週間、薬を飲んでも辛い。

施術内容と経過

肩こり症例1

問診時の姿勢からも、首が前に突出て
両肩が前方に傾き左肩が下がっています。

猫背の方は、必ずと言っていいほど、
骨盤も歪んでいます。

施術は、骨盤・仙骨を整え筋肉の張りが強い
後頭骨から首、肩甲骨にかけて調整。

1週間後、2回目の来院時に確認すると、
肩こりはまだまだ強く感じるが、
頭痛は、痛み止めを1回飲んだそうです。

3回目の来院では、頭痛は殆どなくなり
肩も楽になってきました。

4回目が終わったところで、辛くなったら
また来ますとの事で終わる。

施術した主な関節・骨格

前・中斜角筋・肩甲骨

考察

元々の猫背に加え、仕事柄パソコン作業が多く
猫背がひどくなっています。

パソコンやスマホを多く扱う方の特徴でもある、
首が前方に突出ており、本来、頸椎(首の骨)と
首の筋肉で頭部を支えるところ、首の筋肉で
支える負担が増え、筋肉に張りが生じ血流不足を
起こした事が肩こり・頭痛の原因と考えます。

普段の何気ない癖も積もり積もると大事に
至ります。

お気軽にお問合せください

電話でのご予約は

インターネットでのご予約は

コメントを残す

このページの先頭へ