坐骨神経痛の原因はデスクワークから?

坐骨神経痛

アクセスをありがとうございます。

20代・男性・事務職・Yさんの坐骨神経痛・肩甲骨痛の
症例を紹介します。

Yさんは、パソコン業務が多くデスクワーク主体の仕事を
しています。

2年くらい前から、左腰から座骨(お尻)に痛みが出始め
良くなったり悪くなったりを繰り返していました。

ところが、最近は悪くなる一方で太ももからふくろはぎまで
突張り感が強まってきたそうです。

 

病院で坐骨神経痛と診断されいます。

 

※写真は施術前で3回目と4回目です。

写真を見ると、写真右。
向かって右側に骨盤から下がゆがんでいます。

向かって左側の写真は1週間後の施術前の状態です。

少しづつですが、真直になってきています。

 

左腰の痛みも、太ももからふくろはぎの突張り感はなくなり
腰が長く座っていたりすると、まだまだ痛くなるそうです。

 

背中はすっかり楽になったそうです。

 

日常生活の姿勢、背中が丸くならないように注意して、
椅子に座るときは、足を組まないようにしましょう。

 

もしあなたが、坐骨神経痛やお尻や脚全体の痛みでお悩みでしたら、
当院へお問い合わせ下さい。

 

 

=========================

北九州市の整体院 からだ回復センター八幡西

北九州市八幡西区下上津役4-13-7

電話 093-614-8340 まで「ホームページを見て・・・」と言って

お気軽にご相談を下さい。

=========================

「北九州八幡西の整体マッサージ」からだ回復センター八幡西

初めての方へ /院長のプロフィール /施術の流れ /患者様の声/

よくいただくご質問 /施術内容と料金 /当院までのアクセス

 

コメントを残す

このページの先頭へ